☆     専守防衛という金のかかる理想_

 イージス・アショアの配備計画断念ということで、専守防衛というのがいかに困難で金のかかるものかということが広く認識されつつあるみたいですが、その国にちょっかいを出したら危険と思わせるだけの攻撃力を準備しておいたら、それが安上がりで効果的な防衛力になるということではないのでしょうか。 「非武装中立」の方が安上がり? それはもう・・・ 笑。

 こんなことを述べると好戦的な人間とのイメージを与えるのかもしれないけど、それとは逆に良寛さんのような非暴力平和主義者なんであって、それでも最近、争いごとは嫌だと逃げてばかりいるとお人好しということでカモにされてしまうと反省させられたこともあってか、抵抗がないような優しさばかりを見せるのは、かえって悪行を呼び込む罪なこととの思いがしているのであります。

"☆     専守防衛という金のかかる理想_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント