アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ローランド
ブログ紹介
zoom RSS

     横綱不要論

2018/11/16 08:27
  空席が目立つ九州場所だけど、これは事なかれ主義ぬるま湯体質が新陳代謝を滞らせて衰退を招くという、相撲界に限らず世間一般に共通する現象が起こっているということではなかろうか。

 休場の横綱が出てきたところで人気が回復するようには思えないし、どうせなら横綱の地位を無くしたらどうなんだろ?。 ならば白鵬もそれなりの価値をもつ人気力士ということになる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     フェルメール「牛乳を注ぐ女」

2018/11/15 08:41
 安らぎ落ち着き平穏という空気感漂う大好きなこの名作の図版を眺めているうちに、ここだけ理論的な堅苦しさがあるようで邪魔な思いがしてきた左上部の窓を手で覆って小さくしてみたら、何と何と良さが倍加して見える。   と、こういう畏れ多いことを平気で述べてしまう己の性格が怖い・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     「ボヘミアン・ラプソディ」

2018/11/14 08:25
  この映画が物語的にはさしたるものはないのにかなり評判がよろしいのは、音楽の良さ、特にラストにある20分に及ぶライヴ・エイドでのステージがあればこそとの気がするのだけど、クイーンのほかにも大物だらけと言っていいそうそうたる顔触れでDVD4枚組で発売されているライブ・エイドの記録、これをサウンドや画像などを修正して一本の映画に編集したら凄いことになるのではないかとの気がする。

 大ヒット間違いなしと思うけど、でも当初ボブ・ゲルドフが再放送どころかコンサートの撮影さえ認めようとしなかったくらいだから、著作権など法律上の問題があって難しいのかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    刑務所の居心地

2018/11/13 08:31
 酒にだらしなくて身体を壊すような自制心に欠けた人間でも自尊心だけはあるものだから、生活に窮しても頭を下げて助けを乞うようなことはしたくなく、どうせのこと犯罪を犯して刑務所にでも入ったほうがと、そのような考えの爺どもが増えてきそうな気がする。

 ・・・と、横浜で金を奪うのが目的ということで71歳の爺さんが女性を刺した事件にそのような思いがしたのだけど、刑務所の居心地なんて、特に冬は寒くてせつないみたいだよ。 体験はしていないけど寒がりなんで想像はできる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     JRA二度目の維新期

2018/11/12 08:21
 外国人騎手の活躍ぶりに複雑な思いをしている競馬ファンが多いのだろうけれど、古くからの競馬ファンとしてはメアジードーツの馬名が記憶に強く残っている初回ジャパンカップを思い浮かべ、JRA二度目の維新期到来との思いがしております。

 横綱級の日本馬が蹴散らされてしまって意気消沈したジャパンカップ一回目だったけど、そのショックが後の日本馬のレベル向上にいかに役に立ったかということは周知の事実で、現在の外国人騎手の活躍によるショックも今後のためになるはず。    民族性の違いがあるのかもしれないけど、農耕民族の血が濃い日本人でも地方競馬上りの騎手の活躍が多いことを考えると、まだまだ個人個人の考え方や努力で向上できる余地は大きいものと期待をしております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     イラクでの時とは違う

2018/11/10 08:33
  安田順平さんへの自己責任論がここまで強くなったのは、十数年前に劣化ウラン弾がどうのこうのと夏休みの研究課題の続きをやっているようないい加減な行為でイラクで人質になって、その家族の態度も含めて反感を招いた者たちのイメージが強く残っているからではないのかね。

 安田さんは自分の行為の失敗点はきちっと認め反省しているし、報道局に所属していては許可が下りない危険地域に入って報道をするというフリージャーナリストの存在は大事なことだし、皆もっと優しくしてやれよ。   十数年前のイラクでの時には人質になった三人を叩く不寛容さを指摘する論調を多く目にして、その不寛容な一人だった者としてはそうではないがな?って首を傾げていたのだけど、今回はそのときとは逆な思いをしております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    命よりも大事な秘密の場所     

2018/11/09 08:37
 山菜採りというのは他人に知られたくない秘密の場所があって、特にマツタケやマイタケなどになると身内にも内緒にして教えないらしい。 事故を避けるために何人かで・・・ の呼びかけにもかかわらず遭難が相次ぐのはむべなるかなということか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


   木の葉ふりやまず いそぐないそぐなよ

2018/11/08 08:18
 村上鬼城に私淑した加藤楸邨の句だが、心に焦りがある時にこの句をつぶやくと、五七五の定形ではないいそぐないそぐなよ≠ェ気持ちを落ち着かせてくれまして、あらためて俳句というものの奥深さを認識させられます。   文学で一文字当たりの価値の濃密さを量ったら俳句がチャンピオンだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


       難民大移動

2018/11/07 08:27
  トランプが仕掛けたのではないかと思うほどにこの難民大移動は中間選挙で共和党に有利に働くと思うのだけど、これがアメリカ国境に到達する時にはどういったことになるのだろ。    それにしても難民のわりに肥えた人間が多いな・・・。

  日本の国が海という国境に守られているのはありがたいことだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    匿名書き込みの所在を暴き出すソフト

2018/11/06 08:28
 仮想通貨流出の犯人コンピューターのアドレスを突き止めたというニュースに、ネット社会の功罪の罪≠フ方をなくすために匿名書き込みの所在を暴き出すソフトが開発されないものかと思っていたこともあり強く興味を持ちました。

 あれはお前だったのかと言われても困ることのないようにと心掛けているし、無責任になる匿名性の強いところには書き込みをしていないのだけど、何せ自分で誤解されやすい人間と自覚しているくらいなもんで何かと勘繰られることが多く、「暗闇に紛れて石を投げるようなこと」と言われる匿名掲示板への無責任で悪意ある書き込みの所在を過去にさかのぼって暴き出すソフトが開発されたらさぞかし愉快なことだろうと考えています。 慌てるヤツが多くいるのだろうな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    美人が揃っているわけだ

2018/11/05 08:28
 テレビに出ている女子アナウンサーの着るものは局が用意するのか自分で調達するのか知らないけど、いずれにしてもおしゃれをして大勢の目に触れる場があるということは気持ちに張りが出て心身ともに充実できる幸せなことなんだろうね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    野球を面白くするために

2018/11/03 08:32
 スポーツニュースを見ていて野球でいちばん面白いのはホームランのシーンやピッチャーの好投などではなくて野手の好プレーなんだけど、人気を盛り上げるためにその辺りを工夫したらどうなんだろ。  まずスタンドに入った打球はすべてファールとしてホームランはなし。 打者は打球の飛距離やコースまで考えて打たなければならなく難しくなるからその分ストライクゾーンを狭くする。  微妙なストライクゾーンの判定にいざこざが起きないように、選手の身体のサイズを記憶させた赤外線センサー判定装置を設置する。 

 子供の頃とは違って他に娯楽の多い今の世の中では野球は間延びして退屈でニュースの時間内でのハイライトシーンしか見ていなくて、もっと動きが多くなったら面白くなりそうな気がしたし、それに高校野球のピッチャー酷使も解消されそうだしということで野球ファンにバカなことを言うなと叱られそうなことをあえて述べてみたのだけど、エースピッチャーの活躍が持て囃されている時勢にこういうことを思いつく己の天邪鬼気質が心配になってきたよっ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     これって犯罪だよね?

2018/11/02 08:26
 いや驚いた、飲食店などに予約を入れたのを無断でキャンセルしてそれが見逃されていたのかぁ。   会員制でもなけりゃキャンセル料金の取り立てが厄介だってことかもしれないけど、こういうことに罪の意識なく無責任な人間を放っておいてはいけない。 これって犯罪だよね?。  
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


   免疫力を高めるというTVを観て

2018/11/01 08:23
 そのために良いのが昼寝にウォーキングに音楽鑑賞とあり、なんだいつもやっていることではないかと微笑んでしまったのだけど、これはストレスを避けてリラックスを心掛けるという意味合いも大きいのではないでしょうか。

 血縁を含めた知り合いなど身近な人間に癌を患った者が何人かいるのだけど、それら皆に強いストレスを受けざるを得なかった時期があったのが思い当たり、ストレスを避けるにはどうすれば良いのか考えまして、ウォーキングなどと共に、少々損をしてもいわゆる借り≠作らない生活がためになると心掛けているのであります。   芸能界など著名人に早死にをする人が多いような気がするのだけど、これは私くしめのように暢気な考えとは逆の気構えでないといけないからかなって気がしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     韓国の爺さん婆さんたち

2018/10/31 08:26
 吉行淳之介さんのエッセイにあった、強請(ゆすり)タカリには最初からピシッと断らないとズルズルと後を引くからとヤクザ関係の人に諭された、というのを思い出したのだが、ほんとにま、韓国の爺さん婆さん達が老後の生きがいとばかりに失効した古証文をほじくり出し、それに権力の一部がおもねっている。   あの国の為政者はさぞかし苦労が多いのだろうなって同情してしまう。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     イジメは嫉妬

2018/10/30 08:22
 昨晩の「クローズアップ現代」を観ていて、たいした意思もなく時流から叩けそうな者に向かって群れを作って鬱憤晴らしをするという、まるで昨今問題になっている学校でのイジメと同じようなものを感じたのだけど、共通するのはイジメられる方が人間として優れているようだってこと。

 そこには嫉妬があるように思うし、それにイジメってまずは大勢が小勢を虐げるってことで、もうその事実だけでイジメをする側は恥ずかしいことをやっているわけなんだから、イジメられた者は優越感を持つくらいでいいのかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     何かと群れたがる民が

2018/10/29 08:21
  昨晩は穏やかに終わったようだけど前日は日本の街かと思うほどの殺伐とした様子を見せていた渋谷のバカ騒ぎ、どさくさに紛れて痴漢行為を働いていたヤツもいたみたいだけど、仮装をして群れを作るのだから否が応でも解放された気持ちになって常日頃できないことをやってみたくなるということなのかね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      麻生太郎財務相の

2018/10/28 08:33
 不摂生で病気になった者への医療費負担についての発言が話題になっているけど、弱者には優しくという観念的な世情、これから外れたことを口にしたら叩かれる恐れのある立場にありながらの歯に衣着せない発言はいいですな。 この大臣は数年前に一年間医療費を使わなかった者にご褒美をというようなこともおっしゃっていたのだけど、欲望の赴くままに不摂生をしている者と常に健康を心掛けている者に何らかの差があっても良いのではなかろうかと共感していました。

 中島らもさんのエッセイにあった、水道の使用量が最低料金分を大きく下回っているのが惜しくて、ぎりぎりまでメーターが上がるように無駄に水を出し続け・・・ というのを思い出しへんな連想をしてしまったのだが、保険料を納めているのだから使わなければ損だなんて考えのある人間はいくらなんでもいないだろうけど、何らかの見返りがあるとないとでは意識のありようが違ってくるのではなかろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     無料配布のタウン情報誌

2018/10/27 08:20
 新聞は数日分をまとめて図書館で読めばいいと購読を止めたら、チラシなどの情報がなくなったせいで世情に疎くなったような気がして、月に二回タウン情報誌を装ったCM冊子が配布される意味が良くわかったのであります。   国際的なニュースが少ない地方紙とこの情報誌の境目がだんだんと曖昧になってきそうな気がする。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


   【ジャズ考 その4】一番多く聴いているのは

2018/10/26 08:18
 マイルス・ディビスやジョン・コルトレーンなどに向かう時には何かをしながらなどもってのほかで集中して鑑賞しなければいけないような気持ちになるのだけど、そのてん気軽に何かをという時に流してしまうのがジャンゴ・ラインハルトで、ジャズに興味を持ってから50年になる人生の中で時間的にいちばん多く聴いているのではなかろうか。 と言うといわゆるイージーリスニングジャズ的なニュアンスを与えてしまうかもしれないが、ジャンゴの場合は気軽に聴けてしかも何年たっても飽きが来ないという味わいの深さがある。 

 いちばん好きな曲で映画に使われたりしている馴染みの「マイナー・スィング」もそうだがステファン・グラッペリンとの共演が多く、ジャンゴのサウンドにはそのヴァイオリンが寄与している部分も多いのかもしれないとの気がしたこともあるのだけど、ヴァイオリンの代わりにクラリネットがメンバーになっているのを聴くとこれがまたとてもマッチしていると思わせられるし、やはり音楽教育では身につかない天性のスィング感とテクニックを持つジャンゴ・ラインハルトあればこその魅力のようです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      「ガッテン」

2018/10/25 08:26
 悪く言ったことが申し訳なく思うほど昨晩のには頷かされることが多かったです。 アイコンタクトが重要だったのか・・・。  これは認知症に対するということだけではなくて大抵のことに通用するのではないかとの気がしまして、口下手で対人関係、特に異性間のコンタクトが苦手な日本人は意識して心掛けたらいいのかもしれない。 

 その眼のためにということで。  疲れた時に瞼を指で押さえるのはたいてい上瞼ですが、人差し指を横にして下瞼に当て眼球を上下左右に動かすことで眼の血行が良くなり視力も多少良くなりまして、おまけに白眼に血管が浮き出たように汚くなっていたのが消えて綺麗になりました。 簡単なことだからいますぐに実行しましょう。  ただし指に力を入れ過ぎて網膜を損傷しないように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      自動車相対性理論

2018/10/24 08:25
 軽自動車のそれも古いのに乗り換え音が騒るさいせいか、以前と同じ感覚で車を運転しているつもりでもかなりスピードが下がっていて、いつの間にか後続車が接近しているということに。 気を付けなくてはいけないな。

 これが逆になって、音の騒るさいのから静かな電気自動車に乗り換えた時のスピード感覚ってどんなものなんだろ?。 運転してみたいな、電気自動車。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     特にYahoo!

2018/10/23 08:27
 広告収入を上げるためにバナーをクリックさせようとあの手この手を使うのは当然のことなんだろうけど、特にYahoo!関連に多いと思うのだが読みにくさなんかどうでも良いとの狡猾さに腹立たしくなることさえあります。

 映画サイトなんか投稿数すら少なくなってきているし、閲覧数も大きく減少しているのではないでしょうか。 大きくなりすぎて隅々まで気遣いが行き届かなくなっている?。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      菊花賞も例にもれず

2018/10/22 08:30
 選択肢がいくつかある時になぜか後で後悔する方を選ぶことが多いと思うのは、確率的にそうなるということなんだろうけど、菊花賞も例にもれずということで終わってしまったよっ。

 ま、それはそれとして、新潟メインレースで勝利を挙げた藤田菜七子ジョッキーはスタートが上手いね。  先頭でゴールをした瞬間にウイナーズサークルに走る者が多くいて微笑んでしまったのだけど、老若男女誰からも好かれている。  華奢な女性が男どもに混じって努力して結果を出し、しかも驕り高ぶるどころかいつも真摯な態度ということで人気があるのは当然なことだね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    菊花賞・思い出のグリーングラス

2018/10/21 08:37
 古馬を相手の新潟記念でコース損も何のそのと大外から決着をつけて実力を見せつけたブラストワンピースが一番人気になるのは当然で、今頃はシルク出資クラブの会員はさぞかし熱くなっているんだろうなぁ。  皐月賞を勝ったエポカドーロが3番人気なのは母の父がダートの短距離馬フォーティナイナーで距離が不向きってことなのだろうが、そういった血統面の事はキタサンブラックの大活躍で定説が覆ってしまっていて、この出資クラブも会員が多いし好天に恵まれたし京都競馬場はさぞかし盛り上がることだろうね。

 さて馬券は何を買って応援するか。 グリーングラスの名前が気に入って買った馬券が当たって以来あまり持ち時計にこだわらないで選んだ穴馬が幸をもたらしてくれることが多く、まず穴馬を探してそれに数頭を絡めて少額で広く買って応援するのがコストパフォーマンス良く楽しめるコツみたい。

 で穴馬候補なんだけど、新潟で条件クラスを勝ったばかりだが長距離が向きそうな血統のユーキャンスマイルとグロンディオーズ、それに古馬相手の勝ち方の良いグローリーヴェイズとアフリカンゴールド、この中からパドックの気配で選抜することにしましょうかね。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    自殺するのはかってだけど

2018/10/20 08:25
 鉄道を止めるようなことはするなよっ。 世間に迷惑をかけ借りを作って死んだら心残りが多すぎて永眠できないと思うぞ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


   安易に国民投票にかけてはいけない

2018/10/19 08:26
 イギリスがEU離脱問題で混乱しているとのニュースに、こうなると考えていた人は多く居たのではないかと思うのだけど、安易に国民投票にかけるというのは指導者としての資質に欠けた為政者の逃げ道で、良い政治家とは深い洞察力をもって判断決断をして国民を上手く騙し、ではなくて、え〜と・・・ 上手くなだめて導くことの出来る人ということでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


‥‥‥‥ 冬蜂の死に所なく歩行きけり

2018/10/18 08:20
  毎年寒くなる時期になるとこの句が思い浮かぶのだけど、江戸時代末期に鳥取藩士の長男として生まれ近代日本の礎を築く官吏になるべく法律学校で学ぶも耳の疾患でそれを断念したという作者の村上鬼城は、鋭利な感性で自然界の現象や動物の生命を観察し五七五に謳い上げている。

 他にも ・雹晴れて豁然とある山河かな ・小春日や石を噛み居る赤とんぼ ・鷹のつらきびしく老いて哀れなり、など分かりやすくて深く心に響く句を多く残してくれています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


   韓国の部分徳政令

2018/10/17 08:31
 怠惰の贅肉を身にまとったような男が、長年続いた借金を帳消しにしてもらって嬉しそうに焼き肉を口に押し込んでいる醜い姿があった・・・。   一般人が騒がないのは己より苦労をしていそうな者には寛容だってことか?。  そう考えると、日本に対して何かと難癖をつけてくるのが分かる気がする。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    健康寿命と読書

2018/10/16 08:19
 健康寿命を維持するのに本を読むことが重要な役割を果たしているとTVでやっているのを見ていて、手相学での「生命線が弱くても知能線が良いならそれを補う」というのが記憶にあることもあり本を読んで得る知識が健康に役立つということかなって思っていたら、意外な方向に話が進んでいって、ここでも人工知能の可能性に大いに感心させられたのであります。

 私くし個人的には、本か新聞だったかで「旨い野菜を求めるなら、光合成活動で疲労しない日の出前に収穫する」とあるのを読んだことが以後の食生活を豊かにしているし、それにネットからの取得も含めて歯や鼻の疾患が身体全体に及ぼす影響や肩の痛いのが大腿部の関節と関係があるなどかなり健康維持に関する知識を得ていて、それが役立ってか4年以上経って医院のお世話になったのは歯科医だけと健康を保っている。  本からでも新聞からでもネットからでも常に好奇心をもって何かを得ようとすることが身のためになるようです。

  さあ、みんな暇があったら図書館に行って、と言いたいところだけど、我が市では図書館に当てる予算が少ないみたいで・・・ 以下省略。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      ご飯の甘味

2018/10/15 08:27
 高価いと言われる日本の米も大ぶりな茶碗一杯のご飯分で30数円だし、買い置きが出来て旨くて安上がりな食品と重宝しているのだが、たまには贅沢をと値段の高価い高級品米を食ってみたら、これがおかずは何もいらないというくらい味が濃くて旨い。 甘い食べ物を好まない者でも野菜やご飯の甘味には魅力を感じると思うのだが、その甘味が強いのである。

 この値段の高価い高級品米≠ェ大ぶり茶碗一杯分で50数円ということなんだから安価な贅沢品で、農家に縁者がいるわけではないし利害関係はないけどもっと米を食べたら良いのになって思う。 糖質制限だなんてことが言われているが何だって食い過ぎたら良くないのは当たりまえ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      政治ミス

2018/10/14 08:32
 医療ミスということで責任を追及されることがあるお医者さんに、世間から敬意をもって遇される身分だがその分責任も重くなりなかなか大変なことだとの思いがしているのだが、そのてん古くは民意を大事にするということで優しい笑顔を振りまきながら東京都の財政を破綻させどうにもならなくなって投げだした知事に、身近なところでは政令指定都市でありながらやることなすこと裏目に出て緊縮財政に追い込まれ次期不出馬を表明した市長と、大きなミスを犯して民に損害を与えても刑法に触れなければ安穏としていられる政治家をついつい比較してしまうのであります。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      チコちゃんの前歯

2018/10/13 08:23
  この番組の面白さを象徴している。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雀にとって人間は守護神 

2018/10/12 08:28
 子供の頃に孵化したばかりの雀に餌を与えて懐かれたことがあるからか身近にいるこの屈託のない仕草の小鳥が好きなんだけど、普段は人間がある程度近くに寄っての足音さへ気にせずに地面をつついているのに、サッシのガラスを隔てた内側の障子戸を空ける微かな音をたてた途端に一斉に逃げ出すのがなぜなのかな?っていぶかしく思っていたのであります。 

 理由が判明しましたよ。 障子戸を引く音が大きな鳥の羽音に似ているからって事みたいです。 猛禽類が怖い雀にとって人間は守り神ってことかもしれない。  雀以外の鳥で大集団を作って排泄物などで困らせている事例が多くあるけど、それを追い払うのにこの「猛禽類の羽音もどき」の音を利用できないものか?。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    NHKの人気番組「ガッテン」が

2018/10/11 08:33
 まず受けそうな結果を設定してそれに合うように都合よい部分だけで編集するという数十年前の「ウルトラアイ」にだんだんと似てきたぞ。  昨晩のも視聴率を上げるのに子供目線になるのは仕方ないとしても、ピーマンの苦さがなければ良いというのは旨さを求めるよりも子供に媚びているようにしか思えない。 ひとり異を唱えた光浦靖子さんがどういう人なのかは知らないが大いに好感を抱いたよ。  
  
 野菜の本当の旨さを知っている人が少ないのは仕方ないことなんだろうけど、いちど日が昇る前にどこかの畑に行って盗んできたものを食ってみたらいい。 捕まったときの和解金(品)を用意して明日の早朝にでも実行してみましょう・・・ 笑。 これまでの食生活を悔やみ今後の人生が豊かになりますよ。  
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


      横綱輪島

2018/10/10 08:38
 毀誉褒貶の多かった人だけど風格があって好きだったな。  これも風格ある北の湖とは、まさに横綱相撲と言えるお互いに立ち合いで有利にだなんて姑息なことは微塵も感じさせなくて、今でもがっぷり組んでの厳しく激しいしのぎ合いが脳裏に想い浮かびます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    健常者というけど

2018/10/09 08:34
 パラスポーツが日本でいまひとつ盛り上がらないのは、日本では精神科の病院に行くことにネガティブな感情が付きまとうということもあって、隠れ精神病患者とでも言いますか健常者と見られている中にも人知れず精神的な苦悩を抑えて日常を過ごしている者が多く、目に見える形で理解されやすいハンデで世間の応援を受ける身体障害者に対する羨ましさがあるからかもしれない。 うがちすぎた考えか?。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     恨の国

2018/10/08 08:38
  自衛隊の旭日旗が気に入らないと文句をつけているけど、朝日新聞の社旗に対してはどうなんだろうとネット検索してみたら、この新聞社のソウル支局では自粛≠オて掲揚していないみたい。  この恨の国にはそういう対処の仕方が良いのかなって気もするが、誇り高い新聞社がこんなことでいいのかな?。    常に国民の恨の情念を外に向けさせることに腐心しなければならない政治家もなかなか大変だけど、こういうことが恥ずかしいことだとの感情はないのでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    たまには悪天候も

2018/10/07 09:24
  台風が来るということでこういう時は家にこもって映画をとDVDをレンタルしてきたのだけど、読書やDVD観賞のほかにもインドアライフが充実している今の世の中は、たまには悪天候も良しってことか。  テレビしかなかった頃はまだしもそれ以前は酒を飲んで騒げる何かの催しが大切な娯楽だったもんな・・・。  今は冠婚葬祭に金を掛けるのさへ馬鹿らしい気がしてしまう。 良いことではなかろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    不幸や悲劇が大好き?

2018/10/06 08:30
 マティスやボナールの作品は今は好きだけど少年の頃にはこんな下手な絵のどこが良いのだろうと思っていて、その良さを理解するのに人生経験やら色々なものが身に着く年月が必要だったということなんだろうけれど、そのてん少年の頃も歳を経た今も好きなのがゴッホの絵で、この良さが分かりやすくしかも奥深く今では評価も人気もこれほど高くなっている作品が生涯で一枚しか売れなかったということに、きっと斯界の権威が邪魔をしたとかの理不尽なことがあったのではとの思いがしていたのであります。

 でもこれは作られたイメージがそうさせた思い込みのようで、生涯に作品が一枚しか売れなかったというのは早死にして作品が人々の目に触れる画家として活動していた期間が短かかったせいなんであって、しかもああいう死に方をしたもので不幸や悲劇性ばかりが強調されて伝説となったようです。  今も昔も大衆は不幸や悲劇が大好きみたいだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    不憫な小鳥

2018/10/05 08:28
  昔むかし楽器の広告で『笛吹く少女は美しく 小春日和の梅の枝に ウグイスが来て鳴くごとし』とあり、その当時は気持ち良い詩として受け止めていたのが後年になっての、小春日和って初冬にある暖かい日のことを言うのだよな、ウグイスは鳴かないぞって、そういうどこか意地の悪さを感じさせる心のありようが今でも記憶に残しているってことかもしれない。 あまり良い性格ではないな・・・ 笑。

 このウグイスという鳥は鳴き声はよく知られているけど姿は画にならないということか、テレビや新聞などで使われている梅の枝に止まっている小鳥の写真、これのほとんどがウグイスではなくてメジロなんだよね。 不憫だね、ウグイスさん・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     フェルメール展 

2018/10/04 08:32
 脳裏に思い浮かべるだけでも心落ち着く、万物が動きを止めたような静寂の中で牛乳が注がれる音だけがチロチロと微かながらもはっきりと聞こえてくるような「牛乳を注ぐ女」が展示されるし鑑賞に赴きたいなって気はするのだけど、これだけの人気作品がやって来るのだから鑑賞したいという人は多くいるはずでさぞかし混雑するのだろうな。  何だったかの時には立ち止まらないでください≠ニの注意があったとか冗談のような話を耳にしたことがあるのだけどホントかね?。 それじゃ美術鑑賞ではなくてセレモニーに参列したようなものではないか。 ・・・と、行くことのできない者の僻みに似た感情の吐露はここまでにしてと。

 そういうことで今回の展覧会にはやって来ないお馴染みの作品「真珠の耳飾りの少女」の映画を観賞して心を慰めましょう。  この絵の模写をするとしたら、目の表情、特に左目の物悲しさがあるようでないような微妙な感じや、半開きの口から少しだけ白い歯が覗いた口元の表情を出すのに苦労をするのではないかと思うのだけど、この少女役を演じるスカーレット・ヨハンソンのしまりのない口がいかにもそれらしくナイスキャスティングでして、下塗りの段階の絵を見て色が合わない≠ニ助言したりアトリエの窓ガラスを掃除して綺麗にしたら光が変わってしまうのではないかと気を使ったりと、モデルの小娘が画家に好意を寄せられるのが見かけの可愛さからだけでないとする脚本も良く、当然のことながら映像も絵画好きが満足できるだけのものがある上等の作品に仕上がっています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    程よく負けておく

2018/10/03 08:29
 それがストレスなく人生を過ごすコツと思っているのだが、これは凡民なればこその考えで、何かの組織のリーダーとかで身内を意識しなければならない者や知名度の高い人物には許されないことなのかもしれない。 大変だ、ご苦労様です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     本庶 佑さん

2018/10/02 08:26
 ノーベル賞受賞会見での 『教科書に出ていることがすべて真実なら進歩はないわけで』 の言葉に、権威ある人で当然体制側であるはずなのに意外なことだなんて粗忽な思いをしたことに恥じ入るのだけど、権威ある科学誌をも丸ごと信じることなく何事にも疑問をもって好奇心を大切にという、権威主義なんてものは少しも感じられない国際色豊かで賢そうな生徒たちに囲まれての映像に、そういった環境とは遠い遠いところにいる者も明るい気持ちにさせてもらいました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


   「人工知能 天使か悪魔か」 

2018/10/01 08:39
 誰しも事の重大性の差はあれ判断し決断しなければならない時があり、それが多くの人に影響を与える事柄だったとしたら迷い悩み苦しむわけで、そういう時に何かに頼りたくなりそれが占いや信仰ということかなという気がしていて、それもあってか先日テレビを見ていてこの人工知能が信仰の対象みたいなことになるのでないかとの気がするくらいに、恐ろしくなるような不気味さもあるがそれに増して頼りになりそうとの思いがしたのであります。

 判断や決断をしないで済む境遇に身を置いた人生なら楽かもしれないだなんて考える私くしめのような人間ばかりでは困るのであって、世の中には常に判断し決断しなければならない重要な役割を担った人々がいるわけだけど、人間の持つ感情が判断や決断にマイナスに作用する場合も少なくないのではないかとの気がする。    選挙や裁判も人工知能に任せた方が・・・ って、筒井康隆作品にありそうだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     生活保護費 

2018/09/30 08:26
 引き下げられるということで抗議の声が出てくるのかな。   特に個人事業主だった人に多く居ると思うが、生活に窮して保護を受けるに該当する人々が恥も外聞も捨て去って皆んな申請したらどうなるか?。  現在保護を受けている人間は幸いと思って少々のことは我慢しなくてはいけない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    貴乃花親方 その3 

2018/09/29 08:33
 この人に対する批判的なコメントが少なからず見受けられるので、ごまめの歯ぎしりにも及ばないながら昨日に続いて擁護論を述べます。
 
 白鳳が、軍配が己に上がらなかったのが不満で勝負審判にもの言いをアピールする素振りをした時、このような驕り高ぶったとんでもなく醜い行為に対してこれといった大した処分をしなかったことで協会に対して軟弱ではないかと不信感が兆したのだけど、この横綱の新記録達成との勝利度数もサポーターで固めた肘で相手の顎を狙ってカチ上げる立ち合いで得た勝利を引いたなら二割減どころかもっと低くなるのではないかと思うのであって、そういうことに漫然と過ごしている協会の事なかれ主義に我慢ならないという気持ちは部外者の私くしにあるくらいだから一部の親方衆にもあったはず。

 その中で良く言えば一本気で悪く言えば融通が利かない貴乃花親方が表立ってしまったわけで、営業職などとは違って弁舌や根回しなどには不器用な相撲取り上りがあれこれと粗を見せるのは仕方ないことなんであって、いつも群れにいて多勢に一人立ち向かうという経験のない人々にはこの親方の行為が稚拙と映るのかもしれないけど、後世相撲史を検証した時にどのような評価を得るかは分からないが私くしは立派なことだと思っております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     貴乃花親方 その2 

2018/09/28 08:39
 美意識の強い人だから中途半端な収め方をしたくないということで、やはり引退しかないのかなぁ・・・。  結局は騒動の根源にあるものに目をつぶっても波風を立てないで現状を維持したい協会側に負けたということになってしまう。 

 その現状に自身の美意識から我慢できなく反旗を翻したものの弟子の不祥事もあって旗を巻いて収め降格処分を粛々と受け入れたのに、協会側がここを先途ともう暴れないように首輪を付けに行ったというような構図が思い浮かぶのだが、提出書類に不備があったとか弟子たちを委ねるのに電話一本で済まそうとしたとか問題視されていることや傷害事件時の対応の大人げなさも、大組織を相手に孤軍奮闘しているのだからある程度の粗さは仕方ないことであって、これが逆に準備万端整えた上での行為であったなら、それはそれであまり好意的には受け止められなかったのではなかろうか。  よく闘ったと称えたいです。  でも、できることなら復帰してほしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


 コメディー映画の秀作「ミッドナイト・ラン」

2018/09/27 08:36
 ロバート・デ・ニーロ演じる元警官の賞金稼ぎとギャングの金を横領した会計士のチャールズ・グローディンがFBIやギャングに追われてのロードムービーなんだけど、日本映画によくあるアホなことをやって笑わせようというのとは違って、可笑しなことをしているようには全く見えないこのコンビのやり取りが絶妙なおかしさを醸し出していまして、それに脇役も良く物語的にも気持ちの良いエンディングを迎えるという、とても良くできたコメディー映画の秀作です。  
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


     貴乃花親方

2018/09/26 08:30
 かなり前のことだけど、このひとの手相が大きく表示された新聞広告があって、それが手相学的には平穏な生涯を送るとは思えないものなんで危惧していたのだけど、案の定その通りになってしまっている。  双方の言い分が食い違っていて真相は分からないが、7月に設定されたという「一門に所属しなければ・・・」に臭うものがあるし、今朝の芝田山親方の会見にあった一門に所属のことでの発言加入を調整・・・≠ニいうのもなんだかなって気がするぞ。

 偶然23の日曜美術館にあった『伝統とは、永遠に変わらぬ本質を持ちながら生きて流れるもの』との言葉に、伝統的な美意識を疎かにして勝ち星という数字だけを追求していることを容認しているような大相撲の現状に想いが及んだのだが、毎日録画しておいて食事をしながら見るのを楽しみにしているのを千秋楽は忘れてしまっていたように最近は興味が薄れてきている。 貴乃花親方がこのような形で身を引くことになったらそれに拍車をかけることになるし、双方が妥協して良い方に進んでくれたらいいのだけどね。

 ちなみに、若い相撲ファンには「一門」というのがどういうことか理解できなく、「部屋別総当たり」との言葉を知っている人も少なくなっているのだろうけど、かっては一門同士の対戦はなかったのであります。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ローランド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる