☆    マスクと風邪と目の周囲_

 知った人みたいだから挨拶をと思っても、人違いだったらとついつい不義理をしてしまうことになるのだが、この季節マスクをしている人が目立ち、特に女性に多いのは自分が風邪を引いたら食事の支度などで家族に感染させる可能性が大きいからとの責任感からかな?と考えていたら、どうもそうではなくて、化粧なしで外出するのにマスクが便利だって理由も大きいみたい。 海外ニュースを見たなら、日本の女性は素顔に自信を持って良かろうと思うのだけどね・・・。

 風邪の予防についていえば、「風邪は手から感染する」を意識するのが良いみたいです。 ひところ商業施設などに行った翌日になると鼻や口の周辺に炎症が起こり、疲れからかな?と考えていたのだけど、エスカレーターのベルトやドアの取っ手などを握った手で鼻をこすったりしたのが原因だったみたいで、それに気を付けるようになってからは症状が出ませんでして、エスカレーターに乗る時には手の甲でベルトに触れてドアは自動を通過するようにしてます。

 図書館で指をなめてページをめくって平気な人を見ていると、自分が過敏で軟弱なのかなって気もするが、年齢と共に視力とは別に目の周辺がたるんで衰えて来るのにも以上のことと共通するものがあるみたいで、それに気を付けるようにしてからは視力は別として見掛けは改善しているのであります。

"☆    マスクと風邪と目の周囲_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント