☆    身体の経年劣化に抗う_

 ある程度の歳になったなら多かれ少なかれ脚や腰や肩などの関節の痛みに悩むのは仕方ないことなんだろうけど、それが日常生活に差し障るくらいに症状の重い人で、整形外科や鍼灸に助けを求めても治らなく諦めている人は騙されたと思って、この療法を試してみてはいかがでしょうか。

 どういうことかと言うと、私は木製コート掛けのマッシュルーム状の部分を用いてますが、そのような突起物で痛みのある関節周辺を押しながら痛さの強いところを見つけて、その痛い部分をグリグリとやって自虐的と言えるほどに責めてやるのです。  最初はとてもじゃないが・・・ というほどに辛いけど後でなんとなく軽くなった感じがし、一週間もするとその押すと痛いところも関節を動かすと痛かった処も和らいできて、私に関して言えば股関節と肩甲骨周辺にその痛点があったのがいまは全てなくなってます。  数日手当てを怠るとすぐに悪くなる兆しがしてきまして、経年劣化に抗うのは容易なことではないみたいですが、何もやらないでいたら劣化を加速させることになります。  ひとそれぞれなんで無理をしてはいけないけど、他人の手を煩わせるのではなく自分でやればそう無理が生じることは無いと思う。

"☆    身体の経年劣化に抗う_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント