☆    花火見物余計なお世話_

 隅田川の花火大会の開催が台風の影響で揺らいでいるけど、あれだけの人口密集地でのイベントで多くの人間が動きそれに関わる商売もたくさんあるしと、さぞかし大自然様の動向をやきもきと見守っているのだろうね。 月に降り立つだなんてことよりも先に天候を制御することにしのぎを削ったら良かったのにだなんて思いもするが、何もかにもが予定調和で済んでしまったらそれはそれでつまらんことなのかもしれない。

 花火と言っても、小規模な花火大会の一日分を惜しげなく太っ腹に気前よくこれでもかこれでもかとドンドコドンドコ打ち上げてしまうような長岡フェニックス花火を一度観てしまってからは他が物足らなくなったのだけど、そのクライマックスにある古来からある火の色とでも言うような大輪の火花が夜空を覆いつくすパフォーマンスには圧倒的なものがあり、都心のせせこましいところでの花火がミニチュアに思えるかもしれないほどで、手間と暇をかけても一度は経験したが良かろうと思う。  でも地元市民でも観覧席のチケットが手に入りにくいというし、今年は週末ということでさぞかし混雑するだろうな・・・。

 隔靴掻痒感はあるが駐車の楽な郊外から見物するという手があるのだけど、その時に肝心なのは、直線上の数か所で打ち上げられるフェニックスの、その直線と直角に当たる位置を探すということです。 角度が浅い位置からでは小さく見えてしまう。

"☆    花火見物余計なお世話_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント