猫に鬼教育_

 数年前に一時住んでいたところは家の周囲に空き地が多くあり野良猫もいたのだけど近所で遇されていたみたいで、引っ越して間もなくのある日仕事がうまく行かなく気鬱で帰宅すると、その野良猫が玄関の前で古代エジプトのレリーフにあるような前足をそろえて虚空を見つめているポーズでたたずみ新参者の人間は声をかけてきなさいという様子だったんで、不機嫌だったこともあり何をこやつと追い払う声を出して小石を投げたらいったんは逃げたのだけど、本気に怒るはずはないというふうにこっちの様子をうかがいながら距離を保っている。   ふむ、こいつ完全に人間をなめているなって気がしたもので、小石ではなくて大石を投げたら一目散に逃げ以来近づいてこないのだけど、猫に学習させるつもりでやったことでもこういう教育は良くなかったかな?。 でも。 

 相手は心優しいヤツだし本気に怒ってくることは無かろうとやりたい放題でいたお隣の国が、その相手が怒っての輸出規制強化に慌てふためいているのにこの猫のことを思い出したのだけど、時には怒ってやるのが双方のためになるってことかもしれない。

"   猫に鬼教育_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント