☆       大相撲ルネサンス_

 千秋楽のどちらも応援したい大栄翔と隠岐の海の対戦に困ったなって気持ちになったのだが場所中には他にもそういった取り組みが何番もあったし、それだけ応援したくなる力士が多くいるということでいまさらながら大相撲と言うのは層の厚い組織なんだなって認識させられ、休場力士が多く盛り上がりに欠けるのではないかとの心配もまったくの杞憂でした。

 来場所にも期待が繋がる心身ともに充実を感じさせる優勝した大栄翔に、怪力が持ち味と思っていたが技能賞を得たように大きな身体で敏捷に動き回ることが出来る照ノ富士、そして、いつも本音で優しくないこともサラリと口にする解説の北の富士さんが〝大したもんだ〟との言葉を用いていた、肩透かしという技に光を当てた翠富士と、豊穣という言葉さえ連想し、これで宇良が幕内に上がって来たらとの楽しみもあるしと、ウイルス騒動が従来の大相撲とは一味違った魅力を知らしめてくれた今場所でありました。