☆    常識に囚われていてばかりでは・・・〟_

 月曜日になると鼻や口の周辺にヘルペスが出来て痛く、仕事をしている平日よりも休日の方が身体が疲れるということかなって自虐的に笑っていたのだけど、何かで読んだ〝風邪は手から感染する〟との記述に思い当たり、ドアは自動を選びエスカレーターのベルトには手の甲で支えるよにと気を付けるようにしたら、以後ヘルペスは出なくなったのでした。

 最近は新型ウイルス騒動で人の多く集まる場所でのドアの取っ手やエスカレーターのベルトが感染源になって危険だと誰もが意識しているが、風邪は手から感染するって何だろう?と関心を向けた10年ほど前までは平気でエスカレーターのベルトを掴んだ指で鼻くそをほじくったりしていて、今になって考えてみれば鼻の粘膜で病原を培養していたようなものです。

 この風邪は手から・・・を知ったのと同じころ、下水に足を踏み外しコンクリートの角で擦り傷を作った時に、従来の「擦り傷は消毒をしたら濡らさないで乾燥させておく」という常識よりも「水で洗ってラップを巻いておくと治りが早い」を信じてそれをやったら、かさぶたが出来ないせいか治りも早いし痕もほとんど残らなく、常識に囚われてばかりいてはいけないなって思いがしたものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント