☆      顔と胸の違い、そして歯_

 顔の皮膚と衣服に隠れている他の部分の違いに、ことに女性は気になることが多いと思うのだけど、これは紫外線の影響や生理的なものもあるのだろうが、顔面は外気にさらされるので特に冬場は冷たくなっていて血の巡りが悪く、それが皮膚の衰えを速めることにつながるのではなかろうかとの気がするのであります。

 男の分際でありながら何でそのようなことに気付いたかというと、健康自慢をしてはいるが永久歯に生え変わる頃に自分自身はもとより親も歯の大事さにまったく無関心で、チョコレートを食べながら眠るだなんてことをやっていたもので加療した歯が半分以上あって、それが時々痛くなることがあり、その対処をやっているうちに、これは歯ばかりではなく顔面全体の経年劣化に対する効果があるのではなかろうか?ということなんですな。

 歯茎が腫れて痛い時に、熱い風呂に顎まで浸かると血の巡りが良くなるのか痛さが解消するので以前からやっていたのだけど、わざわざ風呂に入らなくても良い方法はないかとペットボトルに熱い湯を入れて顎に当ててみたら、手に持っていられないほどの熱いものでも顎に当てると平気で、だがそのまま続けているうちに徐々に顎も熱くなってくる、ということは、いかに普段は冷えて血の通いが鈍っているということではないでしょうか。 

 ついでに頬骨や鼻周辺も温めたら鼻詰まりが良くなり、これは風邪の予防にもなりそうなんだけど、なんたって最初の目的の歯茎が丈夫になることだけは確かなんで症状のある人は試してみたらいいです。 気のせいか顔の皮膚についても新陳代謝が活性化してきたような?。

 暇にまかせて何か話題はないかと探しての書き込みなんだけど、健康オタクめとの冷笑が見えるようだ・・・ 笑。 でも、歯茎が丈夫になるのはホントだから真に受けた方が良いですよ。