☆     アメリカ大統領選挙_

 バイデン候補が支持率を伸ばしていて圧勝の文字さえ見られ、それにアメリカの世論調査よりも説得力がありそうな気もするイギリスのブックメーカーの9月の末時点での賭け率も1.67対2.25とバイデン有利になっているみたいだし、バイデン新大統領誕生ということになるのでしょうか?。 バイデンさんは覇気が足りないようなイメージで中国や北朝鮮と渡り合うことが出来るのかとの思いもしたのだけど、地位が人格を作り上げるということで余計な心配はいらないということなんだろう。

 アメリカ人は無茶をやるくらいな人間が好きで隠れファンが居そうだし、嫌でももう一期トランプさんとお付き合いしなければならないような気もしているのだけど、ウイルス感染後の、再選に執着する性急な行動に有権者の意識はどう動くのでしょうか。 世界最高の権力者がこの人格では危ういとの思いを与えているのではなかろうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント