☆      〝断固〟の言葉も_

 武漢ウイルス騒動の責任をはぐらかそうということか盛んに尖閣諸島近辺で挑発行動を続ける中国に対して、「侵略は断固許さないという態度で臨むべきだ」とのコメントがあったのだけど、その〝断固〟の言葉も中国にとっては甘い響きでしかないのだろうなって気になってしまう。 争いごとを出来るだけ避けようとするのは良いことだが、逃げてばかりいるとのイメージを与えてはいけないのだろうな・・・。

 新聞社も一番大事なのは営業成績なんで購読者層に受けそうな論調になるのは仕方ないことなんだろうけど、図書館で複数紙に目を通しているといわゆる〝右〟と〝左〟が両極端で、いまや新聞が社会の木鐸だなんて考えている人はいないのだろうが、も少し柔軟性を持って読者を啓蒙するくらいの心構えがあっても良いと思う。