☆    レジ袋が悪者にされているが_

 これだけ安価で便利なレジ袋が悪者みたいになっているのを不憫に思っていたもので、以下の記述を見つけてウンウンと頷きました。

・ポリエチレンは理論上、発生するのは二酸化炭素と水、そして熱。ダイオキシンなどの有害物質は発生しない。
・石油精製時に(ポリ)エチレンは必然的にできるので、ポリエチレンを使用する方が資源の無駄がなく、エコ。
・ポリ袋は薄いので、資源使用量が少量で済む。
・ポリ袋は見かけほどゴミ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%。
・繰り返し使用のエコバッグより、都度使用ポリ袋は衛生的。
・ポリ袋はリユース率が高い。レジ袋として使用した後ゴミ袋として利用、都内ではサーマルリサイクルし、ごみ焼却燃料になり無駄とならない。
・ポリ袋は紙袋の70%のエネルギーで製造可能。
・ポリ袋の輸送に必要なトラックの量は、紙袋の7分の1。
・ポリ袋の製造に必要な水の量は、紙袋の25分の1。
・ポリ袋は紙袋に比べ、ごみにしてもかさばらない。
・紙袋は再生できるものと再生できないものがある。ラミネート加工されているものや紐の種類によっては再生処理できない。
・紙袋は間伐材とはいえ森林資源を利用。

 自然分解しないので海まで流れ出て海洋生物に被害を与えるというのが大きな問題なんだから、上記にあるようにゴミを焼却する燃料として役立っているみたいだし、一般ゴミとして焼却するように徹底したら良いのではないでしょうか。  エコバッグは洗うのが面倒で不衛生になり、またレジ袋の価値が見直されることに?。