☆    雪解け水のないこの夏_

  オーストラリアの森林火災が北海道の面積に相当する広範囲に及んでいて、降雨のおかげで鎮火した地域では今度は大水の被害が発生しているという・・・。 

 とくに日本人の多くには、大自然は人間にとって都合の良いようにバランスよくいてくれるのが当たり前との考えが心の底にあったようだけど、昨年の首都圏を襲った台風や全国各地にあった水害などで、これまでが平穏過ぎたのだよって気付かせてくれたのかもしれないです。 この冬は雪が降らなくて例年雪で苦労している地域の住民は助かっているみたいだけど、思えば雪というのは優れた水の貯蔵装置ということになるわけで、豪雪地帯の住民の犠牲によって日本の水が確保されていると考えることも出来、その犠牲が軽い分だけ雪解け水の少ないこの夏は渇水対策など今から心配しておいた方が良いのではなかろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント