☆   〝優遇措置〟がキーワード_

 本日のアメリカを交えた三者会談で韓国は重大な経済危機から逃れることが出来そうとの気がしていたのだけど、でも日本政府も圧倒的な嫌韓世論の背景もありこれまでのような軟弱外交は出来ないということみたいだし、もしかしたらアメリカが白馬の騎士としての役割を果たすためのシナリオがあるのかなって気もするが、はてさてどう決着することになりますでしょうか・・・。   何んにしても〝優遇措置〟の解消というのをキーワードとして考えたなら、親に楯突いて困らせてばかりいる息子が親の態度が厳しくなったのに対して、何でこれまで通りに優しくしてくれないのだと我儘を言っているみたいなもので、国際的にも支持を得ることが出来ないはずです。

 この混乱を招いた無能な韓国大統領が弾劾されるどころかそこそこの支持率があるのに、石川啄木の『友がみな われよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て妻としたしむ』を思い浮かべる国内身内同士のいたわり合いを感じてしまうのだけど、相手は怒ることはないだろうという思い込みでなめてかかってはいけないと、どういう決着になろうとも今回の日本政府の処置はそれを知らしめる意味で価値があったと思う。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント