献花より寄付でもしたら?_

 川崎の事件での犯行現場に花や飲み物を手向ける人々が絶えないのはそれはそれでいいのだけど、哀悼の念を捧げる手段は他にないものでしょうか?。  どうも〝イベント好きな日本人〟の雰囲気が漂ってくる。 と、こういう本音を述べてしまうからろくでもないヤツとの良からぬ誤解をされる・・・。 誤解されることには慣れてしまっているからいいけどね。

 それに影響を受けてしまった練馬区での事件だけど、世間へ危害が及ぶことを危惧して我が子を手にかけた父が逮捕されて連行される時の憑き物が落ちて達観したような表情に、これまでどれほどの苦悩があったのかと同情心が生じてしまったのであります。   その殺された息子は親に暴力をふるっていたうえにツイッターで「勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ私は」というような反感を受ける発言が多くあり、それが殺された方よりも殺した方に同情したくなるようなことになったのかもしれないけど、そういう息子の人格が育ってしまったのも親に責任があるということで同情してはいけないのかな・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック