一国二制度_

 香港の「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモが審議を停止した後も規模が拡大していて、これで要求に応じて全面的に妥協したなら今度は中国本土の民衆が不公平だと騒ぎ出しそうだしと、一国二制度のゆえの困難さが浮かび上がってきた。    歴史をさかのぼればアヘン戦争でイギリスの植民地になったことが起因となるわけだけど、中国の皆さんがイギリスに恨みつらみをぶつけたという話は伝わってこない。  相手がイギリスでなくて日本だったとしたら・・・?。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック