フェルメール展 

 脳裏に思い浮かべるだけでも心落ち着く、万物が動きを止めたような静寂の中で牛乳が注がれる音だけがチロチロと微かながらもはっきりと聞こえてくるような「牛乳を注ぐ女」が展示されるし鑑賞に赴きたいなって気はするのだけど、これだけの人気作品がやって来るのだから鑑賞したいという人は多くいるはずでさぞかし混雑するのだろうな。  何だったかの時には〝立ち止まらないでください〟との注意があったとか冗談のような話を耳にしたことがあるのだけどホントかね?。 それじゃ美術鑑賞ではなくてセレモニーに参列したようなものではないか。 ・・・と、行くことのできない者の僻みに似た感情の吐露はここまでにしてと。

 そういうことで今回の展覧会にはやって来ないお馴染みの作品「真珠の耳飾りの少女」の映画を観賞して心を慰めましょう。  この絵の模写をするとしたら、目の表情、特に左目の物悲しさがあるようでないような微妙な感じや、半開きの口から少しだけ白い歯が覗いた口元の表情を出すのに苦労をするのではないかと思うのだけど、この少女役を演じるスカーレット・ヨハンソンのしまりのない口がいかにもそれらしくナイスキャスティングでして、下塗りの段階の絵を見て〝色が合わない〟と助言したりアトリエの窓ガラスを掃除して綺麗にしたら光が変わってしまうのではないかと気を使ったりと、モデルの小娘が画家に好意を寄せられるのが見かけの可愛さからだけでないとする脚本も良く、当然のことながら映像も絵画好きが満足できるだけのものがある上等の作品に仕上がっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック