水害ボランティアに人間性善説を

 わたくし自身水害に遭ったことがありその後片づけの大変さが身に沁みているだけに、西日本豪雨の被災地にこの猛暑の中ボランティアに駆け付ける人々には頭が下がり人間性善説を信じたくなりますよ。

 私の場合は濁流にのみこまれたとかの過激なものとは違ってジワジワと水位が上がってくるという、こういっては何だが穏やかな水害だったわけだけどそれでも後片付けは大変で、当面使わない車庫などは泥を洗い流さないで置いて乾燥してから始末したくらいですが、これが意外と泥状のままで始末するよりも楽でして、もし状況が許す所なら試されたらいいです。

 床上30センチくらいの被害ながら床下収納庫やユニットバスを持ち上げてしまう水の浮力というものの力の大きさに、これを利用して浮力発電というものを・・・ だなんて考えてしまったくらいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック