テーマ:大自然

☆     天災に対する人間の無力さ_

 外で酒を飲むことがなくなってもう何年もご無沙汰ながらあの雰囲気が好きだったし、武漢ウイルス騒動がいつまでも収束しなくて酒場を経営している方々の苛立ちは如何ばかりかと思いやられるのだけど、感染拡大防止のためとはいえ、その大切な雰囲気をないがしろにした対策を取らざるを得ないのはさぞかし不本意なことなんだろうと苦悩をお察しいたします。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     貨物列車が鉄橋を渡る風景_

 遠くに山並みがあって川が流れていてそこに鉄橋が架かっていてと、この風景が気持ち良くて天候の良い時には土手を散歩するのが好きなんだけど、踏切の警報機のカンカンカンが聞こえると、我ながら子供みたいだなって思いながらも鉄橋を電車が通過するのを見たくて歩みを速めている・・・。  いつも客車の通過を見ていたのだがある日のこと貨物列車が通過する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     世界有数の水資源大国_

 から梅雨という言葉はあるが、その反対の今年のような梅雨はどう言うのだろ。ホントに呆れるほどに降っている。 好きな季節なんだけどこれでは愛想が尽きてしまうぞ。 でもこれくらいなことで愚痴を言っていてはいけないのだろうね。 九州地方への執拗な降雨に住民の苦労心労は如何ばかりかと考えたら申し訳ない。  海上で発生してから上陸してくる雪雲と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     線状降水帯_

 九州地方を絨毯爆撃のように襲っていた豪雨が今度は本州に来て、水害に遭った経験のある者としてその難儀さが分かるだけに今現在も大変だろうが今後の苦労はいかばかりかと思いやられるのだけど、このような猛烈な雨の降り方では治水も何もあったもんじゃないと絶望感のようなものまで生じてしまう異常さです。 線状降水帯というのですか、文字変換できるのだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     二階は必要_

 豪雨で熊本県が大変なことになっている。 〝これまで経験したことのない大雨〟とのことで不安が大きいのだけど、この〝これまでに経験したことのない〟という天変地異は、雨に限らずどの地域でも起こることと心しておいた方が良いのかもしれないです。  高齢化社会に向けて平屋住宅の需要が増えているようだけど、かって仕事の都合で6年ほど平屋住まいをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     万緑_

 夏至が過ぎたばかりだというのに、これからだんだん日が短くなってくると一抹の寂しさが兆してくるくらいで、いかに今の季節が好きかということなんだけど、樹木の下で空を見上げ重なり合う緑の木の葉が風に揺らめく情景を思い浮かべるだけで心穏やかな気持ちになることができます。  「樹下に立つ 指先に緑がしたたるか」 朗乱
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     天然水が旨い_

 ひと頃はガソリンよりも高価いのではないかと思われたミネラルウォーターも最近は手ごろな価格で販売されていて、この天然水というのは時間をかけて生命の元になるエッセンスを溶かし込んで湧き出ているのではないかとの気がするほどに身体に馴染んで旨くて愛飲しているのだけど、これだけ安価で美味しいミネラルウォーターが手に入るのは狭い国土に多くの雪が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆      カラスノエンドウ_

 タイトルを見て何のこっちゃ?と首を傾げた人が多いと思うけど、土手を散歩していて道端の草むらの中で赤い小さな花を咲かせる植物に心惹かれて、ひと昔前ならそれで済ませていたのだろうけど今はインターネットがあるということで名前を知ろうと「4月、赤い小さな花をつける雑草」と検索したらヒットし、その名前が「カラスノエンドウ」という豌豆(グリンピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     新緑・インターネット_

 30年前にパソコンを買っていわゆるパソ通を始めた時に、英語も出来ない人間がこんなことに手を出していいものかいなって気持ちが少しあったのだけど、今やインターネットを使えない日常なんて考えられないし、特にこの武漢ウイルス騒動のために娯楽活動が制約されている状況下で、これがなかったならTVか読書しか暇をつぶす手段がなく今頃は生きの悪いイワシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     湿度の高い気候_

 空気が乾燥しているとウイルスの活動が活発化するというのは漠然とした知識としてあったのだけど、これは素焼きの陶器の隙間をすり抜けるほど微小なウイルスも湿度が高いと水分を身にまとって太った形になって動きが悪くなり、マスクにも引っかかる可能性が大きくなるということみたいです。   ではマスクを湿らせる、それもウイルスが苦手というアルコール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    雪解け水のないこの夏_

  オーストラリアの森林火災が北海道の面積に相当する広範囲に及んでいて、降雨のおかげで鎮火した地域では今度は大水の被害が発生しているという・・・。   とくに日本人の多くには、大自然は人間にとって都合の良いようにバランスよくいてくれるのが当たり前との考えが心の底にあったようだけど、昨年の首都圏を襲った台風や全国各地にあった水害などで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆   日没が一番早いのは冬至の半月ほど前_

 冬至が過ぎたばかりなのに日没が遅くなった感じがして、これは春を待ち望む気持ちから来るものかと思ったけど、日没が一番早いのは冬至の半月ほど前ということで気のせいではなかったみたいです。  秋分の日から春分の日までの冬の半年よりも、春分の日から秋分の日までの夏の半年の方が8日長いと知って得をしたような気持ちになる寒がり人間なもので、このよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    死ぬる時節には死ぬがよく候・・・ か?_

 昨晩のNHK「首都直下地震」を見て色々なことを思い浮かべたのでありますが、10万人の死者を出した関東大震災時が400万未満だった東京都の人口が今では3倍以上の1300万になっていて、数学が苦手な私くしでもあの面積でそれだけの人間が生活しているというのに無理があるような気がして、みんなどういう考えでいるのかは知らないが、良寛さんのおっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    「防災省」の設置_

 地球温暖化対策会議「COP25」がスペインで開催されているけど、これまでは寒がりなこともあって温暖化?良いではないかだなんて冗談でもなく口にしていた私くしめも、今年日本を襲った猛烈な強風や豪雨にはこの先が心配になりまして、このままではいけないのだろうなって殊勝な気持ちになっています。  田原総一朗さんのメールマガジンに載っていたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     大自然の脅威_

 床上40センチくらいの水害でさえいかに後片づけが大変かとの経験をしているだけに、ほぼ水没するような被害に遭った人の絶望感は如何ばかりかとの思いでいるのですが、苦労の多い後片づけにボランティアで応援してくれる人々にはさぞかし励まされることでしょう。 汚く辛い作業に駆けつけてくれる善意の人々には頭が下がります。   全国47都道府県の7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆   回れ右!_

 ひと頃は降雨量が心配な台風には〝雨台風だから〟と風の強さにあまり脅威を感じなくて済んだものなんだけど、自然災害は凶暴性を増しているからもうそういう時代感覚は通用しないのかな・・・。  台風の中心より左側だと進行方向と風向きが逆になるので打ち消し合って風が弱まり、中心よりも右側だと逆に強くなるわけだから、予定のコースよりもう少し右側を通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     秋愁い_

 河口近くの汽水域の暮らしに憧れていたのが津波被害を見て考えが変わり、首都圏に近く温暖な気候を羨ましく思っていた房総地区には猛烈な台風が襲いこれは銚子半島以南の太平洋側では今後も大いにありうることと覚悟しなければならないし、かといって日本海側の雪国の暮らしも冬の道路事情を考えるとうんざりするし、巨大地震が言われている地域での怯えながらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    積雪量の世界記録は滋賀県に_

 今現在は更新されているのかも知らないが、人間が観測できるところで世界で一番の積雪量を記録したのがカナダでもロシアでもなく日本にあり、それも雪国とは誰も思っていないはずの滋賀県の伊吹山だということで、思わぬところで思わぬ自然現象が起きるのは今に始まったことではないようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆   大容量蓄電池_

 台風襲来から五日経った時点でこんなに長く停電したら余程困っているだろうと気をもんで八つ当たりまでしてしまったけど、そんな甘いものではなく一週間過ぎた今でも9万戸以上が停電しているという、いまさらながらこの台風の意外性と破壊力を思い知らされます。  電柱の耐久性の基準を上げるとか、まだ普及していない高価な電気自動車でなくてハイブリッド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆   天災が人口密集地を襲う可能性_

 かってあった〝台風は北海道方面に去り〟という北海道住人を不快にさせたはずのコメントが今でも頭に残るのだけど、世界の大都市の中でも気候に恵まれ、少量の降雪で大騒ぎになるくらいでこれといった天災がなかった日本の首都圏も、今回の台風によって電線の地中化で電柱をなくすなど多くの課題が浮上したのではなかろうか。  従来の日本に大きな災害をもたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆   首都圏の防災体制_

 台風被害での停電から五日目になっても未だ完全復旧していなく、被災者の方々は何日ものあいだ大変なことだろうとご苦労お察しいたします。  むかしは台風が近づくと停電対策としては懐中電灯とローソクを準備するくらいなものだったのだけど、今の世の中で電気の果たす役割は冷暖房を始めとして広範囲にわたって生活の要となっているから停電すると原始時代に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    霊峰富獄_

 落石死亡事故のニュースで報じられた殺伐とした登山道の映像に、遠くから眺めて崇め奉るもので足で踏みつけて登るものではないなって気がしているのだけど、4ルートある登山道のうち山梨県富士吉田ルートを利用する人が半数以上になるのは、こちら側からは宝永大噴火の傷跡が正面になりシルエットに影響がなく一番綺麗に見えるということなんだろうし、だったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    秋来ぬと_

 急に涼しくなって今朝はうすら寒ささへ感じ、柄にもなく「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」の和歌が思い浮かんだのでありますが、他にも「奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の 声きく時ぞ秋は悲しき」など、千年以上も前の古い作品なのに、分かりやすく子供の頃からいいなって心に馴染んでいて歳を経た今でも秋になると脳裏に浮かぶという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆     旨い野菜を食うには_

 昨日の 【畑作物のほとんどが夜中に溜め込んだエッセンスを日の出とともに放出するということで、もし翌日の朝市のために夕方に収穫しておくとしたら一番価値を落としたものを商品として提供することになる。  地下の作物の根菜類はこれと逆になります。】 の続きです。  都市部に住んでいる人達はデパ地下などの高級食品売り場でなくては朝採り野菜は手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    花火見物余計なお世話_

 隅田川の花火大会の開催が台風の影響で揺らいでいるけど、あれだけの人口密集地でのイベントで多くの人間が動きそれに関わる商売もたくさんあるしと、さぞかし大自然様の動向をやきもきと見守っているのだろうね。 月に降り立つだなんてことよりも先に天候を制御することにしのぎを削ったら良かったのにだなんて思いもするが、何もかにもが予定調和で済んでしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

    雹(氷雨)は夏の季語_

 「氷雨」という歌謡曲の歌詞に〝外は冬の雨まだ止まぬ〟とあるようにイメージとしては寒々しいものがあり、俳句で夏の季語と知ってはいてもいまひとつ気持ちが馴染まないのだけど、『雹晴れて豁然とある山河かな』この村上鬼城の句は大好きでして、暗雲に覆われた空から災いが音を立てて落下してくるように雹が降り注いだ後の晴れ間に、清冽な水と澄み切った空気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

    「偶然」というヤツは_

 昨晩のNHK7時のニュースで、朝起こった千葉県南東沖地震についてのことを語っている時に緊急地震速報が入ったのに、始めは演出かな?って思ったのですが、そうではなくて実際に伊豆半島東方沖地震が起きていたのでした・・・。   幸い大したことではなくて良かったのだけど、この偶然というヤツは日常生活にさえ時には罪作りなことをするのであって、現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

    大自然様の気まぐれ_

 週末の催しものに人員を確保して色々なことを計画し準備しこれで良しとその時を待ち構えているのに、天候ばかりは思うにまかせず荒天で中止になってしまうだなんてことがある。  関係者の無念さはさぞかしと思わせられるのだけど、人間も人工知能もそれに神様も仏様も大自然様の気まぐれには敵わないということでしょうか。    地球を1メートルの球体とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

    「ここにいてはダメです」_

 との衝撃的な文字が表紙にある江戸川区の水害ハザードマップが話題になっているけど、「各自で避難先を確保」だなんて記述もあるし住民はさぞかし戸惑っていることでしょう。    地球温暖化が進むことによって山間地の現在は寒くて住みにくいという所の価値が上がって・・・ というような文言を目にしたことがあるけど、バブルがはじけて今はマンショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more