テーマ:宗教

☆     NHKスペシャル_

 大坂の陣を最後に日本国内で働く場がなくなったサムライたちがスペインの植民地でオランダ軍の傭兵として活躍をしていたとか、日本の戦国時代がこれほど世界史に影響を与えていたのかと驚いたのだけど、他にも、まず布教で国民の多くを味方にしてからその国の主権を奪うというスペインの世界戦略など、第1集に続き5日夜の「NHKスペシャル第2集」もとても興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    楽しく面白く歴史の勉強ができます_

 録画しておいたものを昨夜観たのだけど、28日夜の「NHKスペシャル」がとても面白かったです。 これまでの日本の戦国時代を舞台にした番組と比べたらちょっと異色で、イエズス会の布教活動は覇権行為と一体であり、それを承知で先進国の武器を手に入れるために布教活動を認めたり、なかには心を動かされたのか洗礼を受けた大名が居たりと、歴史の中で宗教の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    なにか頼るものが必要_

 アメリカとイランのいざこざに、国家の元首も凡民家庭のオヤジと同じようなもので、家族(国民)を意識して強がって意地を張りあうようなことがなかったなら問題が起こることは少ないだろうし起こっても解決が早いのになって思いがするのだけど、国家元首の場合は家族(国民)の生き死にが掛かっているからいい加減なことはできないしやってはいけない。 無宗教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆    「合格祈願」?_

 年末年始に神社仏閣に詣でて誰もが幸せになれる無病息災を願うのは分かるのだが、定数のある受験合格を祈願するということは暗に誰かの不合格を願うということになるのだから、もし神や仏が存在するならそのようなことに加担するわけはないのであって、頼まれた神仏もはてさてどうしたものかと悩んでいるのではなかろうか。 神や仏を困らせに行くよりも、何かう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

    「偶然」というヤツは_

 昨晩のNHK7時のニュースで、朝起こった千葉県南東沖地震についてのことを語っている時に緊急地震速報が入ったのに、始めは演出かな?って思ったのですが、そうではなくて実際に伊豆半島東方沖地震が起きていたのでした・・・。   幸い大したことではなくて良かったのだけど、この偶然というヤツは日常生活にさえ時には罪作りなことをするのであって、現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

    この季節は日本の宝物__

 花吹雪になっての散りかたの潔さは好きながら形状も色彩も単純で数を頼りにしているような桜の花そのものにはあまり魅力を感じなくて、この時期なら木蓮の花の方が余程好きなのだけど、でもそれよりも何よりもこれからが本番の樹木の緑が大好きで思い浮かべるだけでワクワクするほどでして、その緑を二ヶ月に渡って楽しめるこの季節は日本の宝物のような気がして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

     怖いものはあったほうが良い

 野田市の児童虐待死事件で、母親が自分に向かっていた夫の暴力が子供に向かうことに加担していたのか見過ごしていたということか逮捕されたけど、この暴力亭主ってもしかしたら内弁慶ではなかったのかね。 外で鬱屈したものを抱え込まざるをえない気弱でありながら、己に逆らうことがない家族には強気に鬱憤晴らしをやるだなんて情けない人間がいるからな・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more