☆       アスリートの魅力_

 TV「池江璃花子ハタチの決意」に、競走馬に例えたら失礼ながら、これだけ筋肉が落ちた体躯なんだからタイムオーバーにならなく無事ゴールするだけで拍手しなければいけないなどと思いながら見ていたのだけど、タイムオーバーどころか立派な成績で、上半身だけで泳ぎ切ったように見えたが骨格など一流アスリートになるだけの天賦の才能があればこそなんだなって、筋肉が戻って健康美女神として復活するのは遠い先のことではないと思わせられたのであります。 当面の心がけは食って体重を増やすことだとしたら、これはアスリートとして幸せなことなのかもしれない。

 若い頃は自分がスポーツマン向きな体格でないこともあって興味が低かったのだけど、その向いてはいない貧弱な身体がより衰えてくるころになってからスポーツというものに魅力を感じるようになりまして、これは、なぜか今夜は気持ちが前向きで明るくなっているなって考えたら、体育館でウォーキングをやりながらアリーナでの若く元気溌剌とした競技を見ていたからか?と思い当たるように、他人の運動を見て自分の健康のためになるものを得られるということかもしれないです。


"☆       アスリートの魅力_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント