☆   謎の多い大自然・ついでに冷え性について_

 昨晩ニュースで大雪で難儀する人々が映しだされたあと、地球温暖化に警鐘を鳴らす特集番組が始まってすぐに「雪不足で・・・」との場面があり妙な気持ちになったのだけど、温暖化で雪不足の年も多くなったがこの冬みたいにちょっとした上空の風の流れの向きで大雪に見舞われることもあるということなんでしょうか。

 素人の単純思考では暖かくなったなら降雪が少なくなりそうなものなのに、そうならないのは温暖化で海水の温度が上昇しているから水蒸気ができやすいということみたいだけど、では地球温暖化問題なんて誰も言わなく海水も冷たかっただろうひと昔前に近年より大雪が多かったのはなぜとの疑問が?。 分からんことが多い・・・。

 地球温暖化? 結構なことではないか、という気持ちがあったくらいに寒さに弱く、背中や大腿部が冷たくこれが冷え性かなってカイロを使っていたことがあったのだけど、もともと弱かった消化器が丈夫になるとともにそれも解消してきて今はカイロとは縁がない。 冷え性対策は消化器を丈夫にすることかもしれないです。



"☆   謎の多い大自然・ついでに冷え性について_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント