☆     17歳11ヵ月での快挙_

 藤井聡太七段・・・ というよりは棋聖と言わなければいけないが、最年少タイトル獲得記録更新ということでまたいっそう将棋人気が高まりそうです。 将棋は駒の動かし方を知っているという程度で、記憶の中に図面を描いて何手も先を読むというのは凡人にとっては超能力としか思えなく、次はどのような手を打つのだろうと考えても予測もつかないのだけど、それでも日曜の昼前にあるTV番組にチャンネルを合わせているのは、優れたアスリートの競技を見るのと共通するようなものがあるみたいです。

 西洋のチェスとは違って、相手の兵士を確保したら味方として活かす将棋というゲームにはいかにも良い意味での日本的なものを感じるし、そういう洞察力思考能力を深くするゲームがブームになるのはとても良いことだと思う。 それにしても17歳11ヵ月での快挙かぁ。 自分のその年の頃は?とかえりみると、思い出すのさえ恥ずかしくなるような事ばかりだったものな・・・。


"☆     17歳11ヵ月での快挙_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント