☆   〝感染〟であって〝死者〟ではないのだから_

 日々発表される武漢ウイルスによる感染者のニュースに暗い気持ちになるのだが、これは〝感染〟であって〝死者〟ではないのだからと気を取り直し、これだけ長期にわたって警戒されて経済を破綻させるよりはいっそダイヤモンド・プリンセス号の入港をチャンスとしてウイルスを行き渡らせた方が良かったのかもしれないだなんて、口にしたら石が飛んできそうなことまで考えてしまったのだけど、このウイルス騒動は経済の破綻と共に医療体制を混乱させて、他の病気で治る人まで犠牲にしてしまうことになりそうです。

 先日温泉施設でお爺さん・・・と言うのさえ申し訳ないような若々しい80歳だという人に声を掛けられ話しているうちに、若さを維持するために心掛けていることは何ですかと訊いたら〝家族の言うことにハイハイとしたがうこと〟と言ってらして見掛けのほか心身ともに健康そうなんだけど、それもあってかイタリアやアメリカでのこのウイルス関連のニュースを見ていて不摂生とか糖尿とかの言葉をイメージしてしまい、日本で死者が少ないのは衛生に対する生活習慣などの他に決定的なのは身体の維持管理ではないのかな?との思いがしています。

"☆   〝感染〟であって〝死者〟ではないのだから_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント