☆     足首が細くなり、こむら返りが無くなる_

  ストレッチ体操で痛いところがあったらそこが老化の進んでいる処と徹底的に伸ばすようにしていて、努力の効果があって身体のどこも痛くなくなって何かもの足りないような気さえしていたのだけど、ところがどっこいまだまだ探せば見つかるのであって、わざわざ痛いところを探すなんてマゾヒストみたいだけどその見つかったところを伸ばしてやることがアンチエイジングになるようです。

 足の甲から脛の外側を通って膝にいたる筋を伸ばしたらこれが痛くてたまらないほどで、ならば痛いということは縮んで劣化しているということなんだからと我慢をしてやり続けたら、伸ばした時に痛さはまだ少しあるものの、こむら返りが無くなった他にも、筋肉の働きを妨げなくなったということか階段を上るのが楽になったのであります。 前後開脚が出来ても大腿部の前側は伸びるがこの部分は伸びていず、経年劣化に気付きにくい場所ということなのかもしれない。

 床に尻をついて足を真っすぐに前に延ばしたままで膝の辺りでクロスさせ、その下側になった足のつま先を掴んで下側に押し下げるわけですが、これを一人でやれる人は少ないだろうから誰かの手を借りたらいいです。 足首が細くなるという見掛け上の効果もあるから協力者を得やすいでしょう。 

"☆     足首が細くなり、こむら返りが無くなる_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント