☆     新型ウイルス騒動と衛生観念_

 クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス関係を除けば日本での死者は数人にしかならなくて死亡率は低いのに、イタリアでは1日で100人以上が死亡していて、日本人にとっては挨拶として抱擁やキスなのどの濃厚接触のない慣習が幸いしているとの思いがしているのだけど、それにしてもイタリアでの死亡者が多すぎる。

 このイタリアの現状は死亡率が高いのではなく抱擁やキスなどの挨拶慣習で感染者数がとてつもなく多くなっているということなのか?との気がするのだけど、その挨拶慣習の他にも、道路にゴミが落ちていない日本とは大きく違う衛生環境のせいもあるのかもしれないです。

 道路が汚物捨て場となっていたフランスのパリで、15世紀に入ってようやく各家庭にトイレが普及していったように、文明先進国のはずのヨーロッパの衛生観念は日本と比べて劣っていて、平気に道路にゴミを捨てていた1964年東京オリンピック以前とは違って衛生的な現在の日本では、基本的なことを守ってさえいれば必要以上に恐れることはないと思う。

"☆     新型ウイルス騒動と衛生観念_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント