☆     女性としてのハンデ_

 藤田菜七子ジョッキーが落馬で鎖骨を骨折してしまい、デビューしてからこれまで順風満帆と言っていいくらいだっただけにショックが大きいだろうし、このアクシデントを心の傷として残さなければよいがと思っているのだけど、見掛けとは違って気丈な女性みたいだから余計な心配かな・・・。

 岡部ジョッキーがビワハヤヒデで春の天皇賞3200メートルを勝った時の、〝いやー、もう腕が疲れ麻痺して・・・〟と、行きたがる馬を抑えるのにいかに腕力が必要かとのコメントを今でも憶えているのだけど、菜七子ジョッキーが気丈に身体を鍛えていてもそこは女性としてのハンデがあるということなんだろうね。  単勝馬券の売れ行きでJRAに貢献していたし、私くしに関して言えばこのジョッキーを応援することで馬券を買わないでも競馬を楽しめてありがたかったのだけど、こういう損得勘定の介在しない純粋なファンも多くいる。 復帰が待たれます。

"☆     女性としてのハンデ_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント