☆   藤田菜七子ジョッキーが_

 重賞のカペラステークスを快勝したしたのだけど、このジョッキーが偉いと思うのは〝女〟ということでの甘えを全く感じさせない信念の強さ賢さでして、ならハンデを軽くしてもらっているその辺りのことはどうなんだ?と突っ込まれそうだけど、以前ここで述べたようにスポーツにおいての男女の差は誰もが認めていることなんであって、競馬界でも馬自体には牡馬と牝馬で差をつけていながら騎手にそれを適応していなかったのが間違っていたということなのであります。

 でも、特別レースはもとより重賞にはその軽ハンデの特典は適用されなく、昨日のカペラステークスはトップハンデの58キロでの快勝なんだけど、これって菜七子ジョッキーの体重が45キロとのことなんで13キロのウエートをあちこちに背負っていたわけで、そのために後ろから行っては間に合わないとスタートしてすぐに追って好位置を確保するという好騎乗でした。

"☆   藤田菜七子ジョッキーが_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント