☆    旧社会党を悪く言いたくなる理由_

 地方住民のために泥まみれになって粉骨砕身したひと、我が地域でいえば三宅正一さんのような立派な社会党議員もいたが、党全体として見れば「アメリカ帝国主義は日中両国人民の共同の敵」との言説のある浅沼稲次郎委員長に、昨今の言葉でいえばお花畑そのものの「非武装中立論」石橋政嗣委員長に、そして、三権の長と言う地位に就くほどでありながらパチンコが趣味で北朝鮮と親密な関係にあり、「北朝鮮による日本人拉致問題の否定で」事件解決の妨げになった土井たか子委員長と、国家運営の展望などなく政治業をやっていたように思えてしまうからなのであります。

 北朝鮮が「安倍は本物の弾道ミサイルが何なのか、遠からず極めて間近で見ることもあり得る」との物騒なことを発信しているけど、この国をここまで増長させた一因にもなっているのではなかろうか?。

"☆    旧社会党を悪く言いたくなる理由_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント