☆   「反日」という覚醒剤が頼り_

 本日の日韓外相会談でどのような話し合いが行われるかは知らないけど、洞察力などまったく無く姑息に狡猾に場当たり的な政治をやることしかできないリーダーの今の韓国と交渉をやっても後世のためになるような建設的なことが結実するとは思えなく、支持率が高いように見えるがこれは「反日」という覚醒剤中毒患者が多いからで、良識ある国民は見限っているのではなかろうかと思われ、今やることは安易に妥協しないで大統領の失脚を念頭にした政策で行くのが一番ということではなかろうかと。  

 日本の2009年9月から2011年9月までの愚かな政治に、あの首相では何をやってもしょうがなかったと、いまさらながらリーダーの人格の大切さに思い至るのと同様のことです。

"☆   「反日」という覚醒剤が頼り_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント