☆   暴力性の量は一定している?_

 あおり運転の上に暴力をふるって連れの女がそれを撮影していたという事件に、暴力性に弱い愚かな女を従わせるために強がってみせるバカな男の行為という一面が見えるのだけど、このような乱暴者や最近話題になっている半グレ集団に、暴対法でヤクザの元気がなくなった分を補うために発生しているのかな?って、世の中に存在する暴力性の量は一定しているという、どなたかが書かれた本の一説を思い浮かべるのであります。

 取り締まる方も、半グレ集団に手を焼いているのにこういう人間共まで監視しなければならないことになると厄介で、ヤクザ相手に闘っていた頃のほうが楽だった、もっと元気を出せよと心の中で願っていたりして。 なことはないか・・・。

"☆   暴力性の量は一定している?_" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント