朝顔につるべとられてもらひ水___

 分かりやすくて一般によく知られている有名句ながら、どうも説明されているようで好きではなかったのだけど、作者の加賀千代女自身が後年『朝顔やつるべとられてもらひ水』と詠み直していたことを知って、なるほど、一文字変えただけでこれほど良くなるものかと俳句における切れ字の役割に感心したのであります。 『古池に蛙飛び込む水の音』にするとただの説明文になってしまうのと一緒で、この〝や〟でいったん区切ることで世界観が大きく広がることになる。

"朝顔につるべとられてもらひ水___" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント