☆        首から上をどう鍛える?_

 難聴気味なもので相手の言うことが聞き取れないことが多く、分かるまで聞き返せばよいものの時節柄マスクなしではと遠慮し曖昧な言葉を返していて、もしかして誤解を与えているかもしれないとの気掛かりを残しているのだけど、最近気づいたことで、アナウンサーなど人に向って話をすることを職業にしている人の言葉は声音が小さくても良く聞き取れるのは、活舌が良いのはもちろんのこと、言葉の最後までしっかりと発声しているからではないかということです。 一般人の会話にそのようなことを求めるのは無理なことなんで、せめて自分が喋る時は大きめの声で最後までしっかりと発声しようと考えているのだけど、いまの世相では騒るさい!と迷惑がられるだけでしょうか?。

 胃腸が丈夫になったとか関節に痛いところがなくなっただとか、何度か健康自慢のようなことを述べてはいながら、歯をはじめとして視力に聴力という首から上の機能は鍛えようがなく経年劣化を素直に受け入れなけらばならないのかと観念しているのだけど、昨日紹介した200円の買い物のネックローラーの効果で首筋がとても軽くなったもので、これが首から上の機能回復に寄与してくれないかだなんて都合のいいことを考えている。 甘いか・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント