☆         ウイルスの狡猾な策略?_

 90歳で基礎疾患のある人が自宅療養で亡くなったのを新型ウイルスによる医療崩壊の危機と騒ぐよりも、職を失った働き盛りの年代が困窮して自殺者まで出ていることの方が余程大きな問題だと思うのだけど、こういう〝人命〟に関わることには繊細な気遣いが要るということか長年にわたる慣習を大事にしたようなニュースでの扱いになっている。

 感染防止対策での外出規制に反発して海外では若者が抗議デモで暴れていて、ある程度歳を経た者の感覚としたら傍若無人なことをやっていると映るのだが若い世代にしたら自分らにはただの風邪くらいの危険性しかないのになぜに・・・と、世代間で考え方に大きな違いが生じるのは無理からぬことで、このウイルスには少子高齢化に対する天の配剤などというものではなく、人類が混乱分裂し衰退するようにとの意思を持っているのかとSF小説のようなことまで考えさせられる。 ウイルスの策略にはまらないようにしましょう。