☆        大相撲が面白い・・・_

 対戦相手の明生も応援している力士なんで少し困ったのだが大栄翔が絶体絶命の体勢から土俵を綱渡りして粘り勝ちとなったのに拍手をして、その後の隠岐の海が昨日の一番で気落ちしているかと懸念したが解説のもと豪栄道関がそのようなことはないとサラリと言っていたようにいつも通りの相撲で勝ってここでまた拍手となりました。 この人の勝負への執着を心に納めた淡々飄々としたところが好きなんだよね。 横綱クラスの風格がある・・・。 休場力士が多くどうなることかと思っていたのだけど、そういう困難な状況でこれだけ面白く見入るだけのものがあるのだから、よほど内部から腐らせるような行為がない限りは大相撲界は安泰ということなのだろうね。

 ひと頃衰退気味の気配があった中央競馬会が女性ジョッキーの活躍やスターホースの出現もあって人気を盛り返して隆盛というような状況にあるけど、思うのは、低迷期も一貫して神経質と思わせるほどに不正不公平感をファンに与えないということに気を遣っていたということです。 と言うと相撲界に不正を感じているのか?と受け取られそうだけど、そういうことではなくて、伝統を尊重するということからくる事なかれ主義のようなもの、これがファンに良くないイメージを与えてしまうことがあるから気を付けなければということです。