☆   短絡的に二酸化炭素を悪者にするのは?_

 あと何年かしたら電気駆動の車だけになるという方針に、電気自動車についてはいわゆる情弱なんで自分が知らないだけかも知らないが、バッテリーの寿命ってそう長くはないようだし再生にどれくらいなコストがかかるのか?、それにクリーンエネルギーと言われている電気もそれを生み出すのに何かを消費しなければならないわけだし、あまりにも短絡的に二酸化炭素を悪者にしているようで、ハイブリッドカーなど日本の得意の分野を抑え込むための国際的な陰謀に嵌っているのではなかろうか?などとの考えさえ浮かんでしまう。

 今の時代停電したら何にも出来なくなってしまうし、そういう時に電気自動車があればそれを電源としてかなりの時間しのぐことが出来るみたいだし確かに便利な面もあるのだろうけど、大雪による関越道の渋滞に自衛隊がガソリンを配っているのをみて、これが全部電気自動車だったら供給するのに時間がかかるだろうとか、現在のエンジン自動車に関わる産業が電気の方向に行くとしたらかなり労働力が余りそうだし、それに原材料の供給と確保のことを考えても、いろいろと難しいことが山積していそうな気がする。 半可通が余計な心配をしているということならいいのだけど・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント