☆     土俵の高さ・ウイルス騒動の終息_

 注目された朝乃山と正代の休場が土俵を寂しくしているが、ほかのいずれの力士も優勝のチャンスがあるとばかりに力の入った取り組みで、どのいちばんもとても面白いものになっています。 貴景勝と照ノ富士が一つ抜けた優勝争いとなっていて、なかでも頭抜けたパワーを感じさせる照ノ富士の強さが印象に強いのだけど、でも両膝に鎧のようなサポーターがあるように、正代が足を痛めたような形で土俵から落ちたら体重があるだけに無事で済まないような気がしてならない。

 もしかしたら土俵の高さは、体重を増やすだけで有利になるという安易な考えを戒めるための装置か? ・・・というのは冗談として、安全を考えて土俵を低くしないのは勝負審判の目の高さに合わせているということなのかもしれないけど、伝統も大事だが力士の寿命も考えてやって良いのではないかと思う。 個人的には小兵力士の活躍が楽しく応援をしているのだが、それも大型力士あればこそ面白さも増すのではないかと。

 観客の声援が少なくなったこともあって苦戦している小兵力士に、早く満員の観客を迎えて開催される日が来て欲しいと思うのだけど、春にどこかで目にした「このウイルス騒動が収束するのはくまなく行き渡った時」というのを思い出して複雑な気持ちになります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント