☆      文明の利器_

 家庭用の安価なプリンターから綺麗に印刷物が出て来るのを見ながら感心しているくらいだから、いわゆる〝古い人間〟ということになるのだろうけど、ある時ふと、身の回りにあるもので今一番なくなっては困る文明の利器は何だろうと考えたら、パソコンでもなく自動車でもなく電話でもなく、メガネなんだって気付いたのであります。

 市場経済のおかげか、乱視が入っているから高価くなるのも仕方ないと観念していた数年前と違って、今は1万円台でそれも的確に症状にあったメガネが手に入るのに、メガネが無くては文字を読めない者としてはこれはとても価値のあるありがたいことでありまして、こういったメガネの技術が発達していなかった昔は不自由を強いられた人が多かったのだろうなって思いがしたのだけど、でもその頃は視力の悪い人間は少なく、その数が増えるのにつれてメガネの技術も発達するということなんでしょうか。