☆     音楽という触媒_

 25日夜のTV「その時カメラは回っていた」のクイズの回答にあった、USAフォー・アフリカによる「ウイ・アー・ザ・ワールド」録音のとき指揮者のクインシー・ジョーンズがシンディ・ローパが身に着けたアクセサリーがノイズを発生していると指摘しているのを憶えているくらいに、船頭多くして船山を登るの言葉とは逆に豪華メンバーの才能が見事に結実したこのミュージックビデオが好きなんだけど、観ていて思わず目が潤んでしまうのは楽曲の良さばかりではなく一流のアーチストの善意というスパイスが効いているせいもあるようです。

 この「USAフォー・アフリカ」のビデオが公開された当時ボブ・ディランの気難しさを揶揄するコメントをどこかで目にした記憶があるのだけど、この後年ノーベル賞受賞者になる御大の他にも、社会的地位も人気も高くスケジュールの詰まった人々が救済活動のためとはいえこれだけ多く一堂に会するだなんてことは他の分野では起こりえないことで、音楽という宝物のような媒体があればこそなんでしょうな・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント