☆    「日曜美術館」特別編_

 武漢ウイルス騒動による思わぬ拾い物ということか「日曜美術館」の特別編が面白いのだが、12日には、観ていると心穏やかで落ち着いた気持ちになれる静寂という言葉そのものの空気感に支配されたフェルメール「牛乳を注ぐ女」が取り上げられ、あの角度なら壺の中の牛乳が見えているはずという、どれだけ詳細に鑑賞してらっしゃるかと心温まる気持ちになる福岡伸一博士の本にあった見解を思い出したりしていたのだけど、そういう私くしめも以前どこかで左上の窓は無くすか小さくした方が画面が落ち着いて良いだなんて畏れ多いことを述べた記憶があり、これらはいわゆる〝いちゃもん〟とは違って、いかに熱心に鑑賞しているかということで愛情の深さの証明なんですな。

 スカーレット・ヨハンソンが好演の映画『真珠の耳飾りの少女』にも、このふくよかな女中さんが登場してファンは楽しく観賞することが出来るのだけど、美術というのは、美人でなくても人の心を惹きつける存在感のある女性を創造してしまうということでしょうか。

 今日はマネにルノワールにゴッホにムンクにピカソが取り上げられるということだし、これまたとても楽しいことになりそうです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント