☆     目からの感染もあるのでは?_

 この週末、閑散としていた温泉施設に人が戻りつつあったし体育館で子供たちの元気な姿が見られたしと少し明るい気持ちになったのだけど、この陰気な静けさがいつまで続くのだろうかと考えると憂鬱になる・・・。 でも、良寛さんの「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候、これはこれ災難をのがるる妙法にて候」の心境は無理としても生に執着心は無いながら、感染者となって周囲に迷惑をかけるのが怖いし、自粛は肝心なことと我慢しなければならんのかな。

 マスクが手に入らないと問題になっているが、体調に不安を感じている人が周囲に迷惑をかけないようにとの気遣いならともかくとして、言われているように感染防止の守りのためにはあまり役に立たないみたいです。 それどころか、むしろマスクと鼻梁との隙間に呼吸による空気の流れが活発になることで目からの感染リスクが高まるのではなかろうかとの気がするのだけど、どうなんだろ?。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント