☆    音楽という宝物_

 無理して話題を探しても、後で自分で読み返して何を偉そうにだなんて気がすることがあるくらいで、誰に頼まれたわけでもなし喜ばれているわけでもなし苦労して書き込みを続けることは無かろうとの思いもするのだけど、根が貧乏性ということもあって何もしないでいると脳が退化してくるような気になってしまう。 というわけで今日は音楽の話でもひとつ・・・。

 サイモン&ガーファンクルの「明日にかける橋」が世に出た当時から、訳詞カードを見ての観賞ながら曲と歌詞が非常に上手くマッチしてそれに歌唱力も素晴らしくて良い楽曲だなって思っていたのだが、最近Youtubeで曲と同時に対訳が一緒に表示されるのを聴いて改めてその良さに感じ入ったのであります。 

 気持ちが落ち着かない時に落ち込んだ時、この曲に心を癒された人々が多くいるのだろうなって思わせるだけのものがあり、3コーラスに入り低音を利かせたサウンドになって〝今こそ君が輝く船出の時だ〟との歌詞が流れるところでは高揚感さえ与えてもらえる・・・。 感受性さえあればその大きな魅力を誰もが得ることができる音楽というのは人類に与えられた宝物です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント