☆     奥手の人間と「自分年齢」_

 年齢のことが脳裏に浮かぶと憂鬱になるから戸籍上の年齢は意識をしないようにして、自分なりの健康や生き方に対する気構え心構えで実年齢よりも自分年齢を若くしていればと考え食事の量を増やしたりしているのだけど、でも、なにかの時には〝この歳では〟とのためらいが出てくるし見掛けで誤解を招くことがあるし、それに働くにも制約があったりで、やはり奥手の人間は何かと不利の多い人生になるようです。

 親が奥手の血筋との自覚があったなら、子供が3月の末に生まれたら偽って4月2日以降に生まれたことにして届け出たらいいと思うくらいなのだけど、奥手の血筋の子供にとっては体力の他にも人格が形成される幼少期の1学年の違いというのはとても大きくて、ややもすると劣等感を植え付けられる恐れがあります。

 ちなみに、4月1日の誕生が早生まれとされるのは、生まれた日の午前0時に年齢が加算されるとの決まりからのようです。 子供の将来を大きく左右することになるのだから心得ておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント