☆  「桜を見る会」_

 この問題は、これまで安倍政権を支持していた人々も首を傾げるはずで、簡単には収まらずに尾を引きそうです。  そもそも「桜を見る会」というのに豊臣秀吉の醍醐の花見を連想してしまうのだが、権力者が我が世の春を謳歌し気に入った者には良い思いをさせてやるというような俗っぽい事しか思い浮かばなく、来年は中止になるそうだけど永久に止めた方が良いのではないでしょうか。

 現政権もそろっと交代する時期でないのかとの気がするも今の野党に政権担当能力があるとは思えなく、ならば自民党内での〝政権交代〟をということだけど、小選挙区制度のせいで党の公認をもらえなくなっては困ると従順になった議員ばかりでその活力も失せてしまっている。  このような状況でも野党に支持が向かわないのは、頼りなさと共に過去の悪いイメージを払拭しきれていないからというのが大きな理由ではなかろうかとの思いがする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント