フェルメールの_

 『窓辺で手紙を読む女』が修復され背後の壁にそれまでなかった天使が現れたということで、これは当時はまだ無名だったフェルメールの作品を人気のあったレンブラントの作風に似せようと何者かが上塗りしていたらしいとのことだけど、凡人には天使が現れる前の落ち着いた空気感のある方が良いように感じてしまうのであります。  

 そういえば大好きな『牛乳を注ぐ女』でも左上の窓が目立ちすぎるからもう少し小さい方が・・・ と、一度思ったら以後気になって仕方がないし、どうもこれは静かに落ち着いたものを求めるという意識が心のどこかにあるということかもしれない。  でもそんなことよりも、世界的に評価され愛されている名作に無意識とはいえ難癖をつけるようなことをやってしまうこの性格が問題かな・・・。  ごめん、フェルメールのファン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック