沖縄県知事の帽子

 沖縄県知事が帽子(カツラという意味でなくてハット)を被って記者会見をしているのを見て、ビートたけしが事故を起こしての怪我から復帰して会見した時に、頭と違って顔は隠しようもないということもあろうがそれでもマスクはともかく大きめのサングラスをするなり何か対策を考えるのが普通なのに顔面の損傷を隠そうともしない潔さを思い出し、人間としての大きさに精神性価値観の相違を感じさせられたのであります。 この知事さんは自国の防衛には鈍しているのに自己の防衛には異常に執着心が強い。

 芸能人と県政を担当する人を比較するのは間違いと言われそうだけど、ビートたけしの子分が立派に知事をやり遂げているし、むしろ55年体制以降のぬるま湯に浸って切磋琢磨という言葉とは縁遠く鈍化している政界人よりも、芸能人に限らず他の分野で生き抜いている人間が政界進出したら良いのではなかろうかとの気がしてくるのであります。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック